尾道・松永の腰痛でお困りの方は整体院 めぐみへ

ブログ

2020/11/11(水)

半月板損傷で手術をするべきか?

カテゴリー:膝痛, 院長ブログ

 

本日もブログをご覧いただきありがとうございます。

理学療法士・整体師の恵谷真次です。

 

本日のテーマは『半月板損傷で手術をするべきか?』です!

当院への電話にて

「半月板損傷で先生から手術を

勧められたのですが、どうしたらいいですか?」

という質問を頂きました。

 

こちらとしても

「手術って言われちゃ。。。」

という対応になってしまうのですが、

今回は患者さんにどんな説明をしたかをお話します。

半月板損傷が起きているときは、

患者さん自身が痛みでスポーツが

できない状況になっています。

 

ですから、

これからどのくらい回復するかが全く分からないんです。

 

めちゃくちゃ不安ってことですね!

 

その時に「手術が必要かもね」と

整形外科医に言われるので動揺します。

 

半月板損傷が起きて診断を受けるときは

『半月板以外の痛み』も伴っている

ことがほとんどです。

 

たとえば、

・炎症が起きている

・ひざを捻ったときに靭帯も伸びた

・防御性収縮により周囲の筋肉がカチカチ

など

 

半月板以外の痛みもたくさんあるわけで、

その場で、

「痛みの原因は半月板です!」

と言い切れないのです。

 

つまり、

その場で手術するべきか、しないかは

絶対に判断できない、ということになります。

その時に私が患者さんに伝えることは

「今、現時点で痛みの原因は

半月板とは言い切れないです。」

 

ですから

「一か月リハビリして改善しなかったとき

手術するのはどうですか?

一か月で改善しなければ、

本当に半月板が傷ついて痛みが出ていますが、

手術せずに治れば一番早いです。」

 

と言って手術の決断を

一か月先延ばしにしてもらいます。

 

結局、

『手術した後はリハビリが必要』であり、

半月板そのものが痛みの原因の時は

時間がかかります。

 

簡単にいえば

・半月板が原因でないなら

手術せずに一か月以内に復帰可能

・半月板が原因であるなら

手術、治療に一か月以上必要

 

となるので、どっちにしろ手術だと

時間がかかるんですよね。

 

膝の治療には自信があるので

運動療法+セルフケアの指導

で2週間ほどで炎症と痛みがほぼなくなります。

 

ですから、半月板損傷の時は

とにかく一か月以内に痛みを取り除くことに

全精力を注ぎます。

 

今回は半月板損傷は

手術するべきかですが、

患者さん本人も不安なので

・患者さんに病態を理解したもらい安心してもらうこと

・筋力低下や炎症による痛みを取り除いてあげること

 

これを徹底していれば、

最短での改善が可能になります^_^

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

尾道・松永で唯一の【慢性腰痛】専門整体院めぐみ
院長 恵谷 真次

尾道・松永で痛みでお悩みの方は今すぐコチラまで

↓↓

080-2898-1035

尾道・松永のすべての人に元気と笑顔を!!
本気で痛み・姿勢を改善したい方は、今すぐ当院へお電話下さい!

首こり・肩こり

慢性腰痛

ぎっくり腰

椎間板ヘルニア

坐骨神経痛

脊柱管狭窄症

腰椎すべり症

変形性膝関節症

諦めないでください!!

当院はあなたの身体の痛みと真剣に向きあい改善という最高の結果導きます。

 

 

 

 

通常初回施術費8,000円(学生半額)のところ

初回限定特別価格1,980円

8月31日まで6名様限定割引 → 残り5名様

【完全予約制】
施術のご予約は今すぐお電話

080-2898-1035

【受付時間】9時~20時 
【定休日】不定休

※施術中は電話に出られませんので留守番電話にお名前と電話番号を伝言下さい。すぐに折り返し致します。

※営業時間は9時~20時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。
※営業時間外はメールフォームからのお問い合わせをお願い致します。