尾道・松永の腰痛でお困りの方は整体院 めぐみへ

ブログ

2020/09/23(水)

【症例紹介】20代のヘルニア!

カテゴリー:腰痛, 院長ブログ

 

本日もブログをご覧いただきありがとうございます。

理学療法士・整体師の恵谷真次です。

 

本日のテーマは『【症例紹介】20代のヘルニア!』です!

症例紹介

主訴:腰痛と左足の痺れで動けない。仕事に支障が出ている。

年齢:20代

性別:男性

希望:仕事に支障が出るのをどうにかしたい。手術はしたくない。

経過:5か月前から左足の痺れが出現。

病院にて椎間板ヘルニアと診断。

症状は長時間立ったり、座ることができない。

寝返りを打つこともできなく、夜寝れない日あり。

症状がヒドイ時は、歩くこともできなかった。

整形外科では電気・マッサージ・シップ・痛み止めを使用。

ブロック注射も行ったが効果なし。

整体に通院しても症状は改善せず。

 

当院にて検査を実施。

軽度の麻痺があり。手術適応になるかもしれないと判断。

筋力検査を行うと、腰・股関節・足首には異常は見られず。

姿勢検査の結果、重度のストレートネックと過度の腰椎前弯あり。

 

下半身には問題ないため、首と肩への施術をメインに実施。

徐々にストレートネックが改善していく。

 

1週後–麻痺は改善しており、痺れもやや改善。

2週後–痺れ改善。

3週後–腰が重だるい程度で日常生活に支障なし。

4週後–重だるさも改善。歩き方不良のため、再発予防で歩行指導。

卒業レベルと判断し、半年に1度のメンテナンスを勧めた。

 

今回の症例はストレートネックが原因で腰椎のアライメントが崩れた結果、

ヘルニアによる痺れを呈していた。

自分にとっても初めての症例で、原因が判明出来てよかったと思っている。

この方に腰や股関節への施術をしても意味はなかったですね。(笑)

 

ヘルニアは治らないと諦めている方は、是非当院へお越しください

 

 

 

 

通常初回施術費8,000円(学生半額)のところ

初回限定特別価格1,980円

10月31日まで6名様限定割引 → 残り3名様

【完全予約制】
施術のご予約は今すぐお電話

080-2898-1035

【受付時間】9時~20時 
【定休日】不定休

※施術中は電話に出られませんので留守番電話にお名前と電話番号を伝言下さい。すぐに折り返し致します。

※営業時間は9時~20時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。
※営業時間外はメールフォームからのお問い合わせをお願い致します。