尾道・松永の腰痛でお困りの方は整体院 めぐみへ

ブログ

2019/07/18(木)

【要実践】坐骨神経痛は治らない。 諦めている人はこれを試してからにしてください。

カテゴリー:腰痛

 

本日もブログをご覧いただきありがとうございます

本日も慢性腰痛にお悩みのあなたに、腰痛改善のヒントやアイデアをお伝えいたします!

 

 

坐骨神経痛にお悩みの方へ

 

 

・一日中、モヤモヤしている足の痺れに襲われてロクに眠れない方

・椎間板ヘルニアからくる坐骨神経痛だから治らないと諦めている方

・自分の周りの人で坐骨神経痛が良くなっている人を見かけたことがない

・坐骨神経痛は整体や整骨院ではどうにもならないと諦めている方

・朝起きてから足の痺れを感じる

 

あきらめるのはまだ早いです!!

 

 

当院へは、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、坐骨神経痛と言われている患者様が多くいらっしゃいます!

 

 

そして改善されています。

どうして改善するのか??

 

 

それは坐骨神経痛の多くが、

腰そのものに原因がない

という事が多かったからです。

信じられないという方はここでページを閉じてください。

 

 

少しでも、その可能性に賭けたい方は見て下さい。

 

 

その訳を説明していきます。

 

 

そもそも坐骨神経痛とは?

坐骨神経痛とは、【症状】で、病名ではありません。

 

 

坐骨神経が何らかの原因により障害を受け、神経痛のような痛みを発します。

それらの総称を坐骨神経痛といいます。

 

 

坐骨神経痛には種類がある

1、骨や靭帯の影響による坐骨神経痛

椎間板ヘルニアにより、椎間板がはみ出ることで神経を圧迫し、神経痛を起こす坐骨神経痛

脊柱の腰椎が何らかの病変で脊柱管を圧迫してしまう、脊柱管狭窄症による坐骨神経痛

 

2、筋肉による坐骨神経痛

坐骨神経を筋肉によって圧迫してしまい、神経痛を引き起こす梨状筋症候群

筋肉の凝り固まったものが坐骨神経痛のような症状を引き起こすもの

このように、筋肉の影響による坐骨神経痛もあります。

 

 

こっちの人の方が多い気がします。

 

 

どうすればよくなるの?

骨の影響によるもの

骨や靭帯が完全に神経を圧迫している場合、手術が必要が多いです。

レントゲン、MRIともに異常があり、ひどい状態だと言われている方は骨の影響が強いかもしれません。

 

 

筋肉によるもの

その坐骨神経痛を引き起こす、原因の筋肉を緩めることで改善が期待できます。

さらに、その筋肉が悪くなってしまう原因を取り除いてやると再発率はグッと下がります。

特に、お尻の筋肉が坐骨神経を圧迫するということは非常に多いです。

じゃあ、私の坐骨神経痛は改善する?

 

 

はっきり言って、お体をみせてもらわないとはっきりお伝えできません。

ですが改善できる可能性があるかどうかの

カンタンな検査方法があります!

 

 

この方法を試して、楽になったり、動きやすくなった方は

改善できる可能性が高いです!

この方法を試してみてください

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

尾道・松永で唯一の【慢性腰痛】専門整体院めぐみ
院長 恵谷 真次

尾道・松永で痛みでお悩みの方は今すぐコチラまで

↓↓

080-2898-1035

尾道・松永のすべての人に元気と笑顔を!!
本気で慢性腰痛を改善したい方は、今すぐ当院へお電話下さい!

慢性腰痛

ぎっくり腰

椎間板ヘルニア

坐骨神経痛

脊柱管狭窄症

腰椎すべり症

諦めないでください!!

当院はあなたの腰痛と真剣に向きあい改善という最高の結果導きます。

 

 

 

 

通常初回施術費8,000円(学生半額)のところ

初回限定特別価格1,980円

8月31日まで6名様限定割引 → 残り5名様

【完全予約制】
施術のご予約は今すぐお電話

080-2898-1035

【受付時間】9時~20時 
【定休日】不定休

※施術中は電話に出られませんので留守番電話にお名前と電話番号を伝言下さい。すぐに折り返し致します。

※営業時間は9時~20時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。
※営業時間外はメールフォームからのお問い合わせをお願い致します。